呪術廻戦130話のネタバレ

「呪術廻戦」130話のネタバレをご紹介しています。

130話は、2020年11月21日に発売された「週刊少年ジャンプ2020年51号」に掲載されています。

今回は、真人が0.2秒の超高速領域展開を発動し、宿儺に攻撃を受けることなく東堂を戦闘不能に追い込んでいきます。

東堂は倒れる前に最後の「不義遊戯」を使って、虎杖と場所を入れ替わり、最高の形でアシストを受けた虎杖は黒閃を真人の顔面に叩き込みます。

しかし、黒閃を経て自身の魂の本質を掴んだ真人はさらなる完全体へと進化してしまいます・・。

前回の話のネタバレはこちらをご覧ください。

▶︎▶︎呪術廻戦【129話】のネタバレ〜虎杖・東堂の連携に苦戦する真人が賭けに出る!〜

呪術廻戦【130話】のネタバレ

「呪術廻戦」130話のネタバレについてご紹介していきます。

130話のストーリーの主な流れはこちら!

  • 真人が一か八かの0.2秒の領域展開にかける!
  • 真人の領域展開を察知した東堂は身を守る術を展開する
  • 真人の「無為転変」の解放前に真人を祓うため、虎杖が真人へ突進!
  • 虎杖が真人に攻撃を当てる前に、真人は「無為転変」の術式を発動!
  • 真人の領域内に入るも宿儺は真人を攻撃しない。
  • 「無為転変」によって、東堂の左手が変化し始める
  • 真人が東堂の腹部に黒閃を放つ
  • 東堂は自分の右手と真人の左手を使って「不義遊戯」で虎杖と場所を入れ替わる!
  • 東堂と入れ替わった虎杖が黒閃を真人の顔面に叩き込む!
  • 真人が魂の本質を掴み「無為転変」で「遍殺即霊体」に!

真人の領域展開を察知した東堂は、九十九由基直伝の簡易領域を展開する

そして、虎杖は真人が「無為転変」を解放する前に真人を祓うために真人めがけて突進する!

それよりも速く、真人は自らの舌を手の形に変化させ「無為転変」の術式を発動。

真人も黒閃を経験したことで覚醒状態にあり、本来は「生得領域の具現化を経て術式の発動」に至るが、これをワンステップにまとめたことで術式の高速発動を可能にしていた。

真人の生得領域の中に取り込まれた宿儺だが、今回は真人に攻撃を加えることはせず笑みを浮かべるだけで無反応だった。

「虎杖との間に保険は作ってあるんだろ?代わる間もなく虎杖は殺す」と宿儺に宣言して、もとの世界へ戻る。

東堂の左手を真人の「無為転変」が襲う。真人目がけて駆け出していた虎杖は、東堂の異変に気づき声をあげる!その隙をついて真人は虎杖を殴り飛ばし、そのままの勢いで東堂に向かって駆け出す!

東堂は、左手の変異が全身に広がる前に自ら左手首から先を切り落とす。

かろうじで即死は免れた東堂だが、眼前には真人が迫っていた。術式の発動の直後は、しばらくの間術式が焼き切れ、使用不能になる。つまり「無為転変」の連続発動はできない。

そのため、術式を必要としない黒閃で東堂の腹部を痛打!

しかし!東堂は、あらかじめヤマカンをはっておき、腹部に全呪力を集中させてダメージを最小限に食いとどめる。

一撃で東堂を仕留められなかったことに苛立つものの、今の間で再び術式が使えるようになり、今度こそ「無為転変」で東堂を仕留めようと突進する!

真人の右手が東堂に触れる直前、東堂のペンダントが落ちた・・。ペンダントに収められていたのは虎杖のアホ面と、高田ちゃんだった。

ペンダントに気を取られたのか、真人は一瞬動きを止めたように見える。そして、東堂は自分の右手と真人の左手を使って「不義遊戯」を発動!虎杖と場所を入れ替わった!

直後!東堂と入れ替わった虎杖が真人の顔面に黒閃を叩き込む!

虎杖が元いた場所で仰向けになって倒れ込んだ東堂は、真人に一瞬でも触れてしまった右手が火傷したように煙をあげているのを見て、「これだけで済んだだけでも奇跡だな」と心の中で呟く。

東堂が身を呈して作り出してくれたチャンスに感謝しながら、虎杖は真人と最後のタイマンに挑む。

虎杖の黒閃で大きなダメージを受けた真人は、回復の時間を稼ぐためにも再び幾魂異性体を作り出し、虎杖にぶつける。

その間、先ほどの黒閃でついに自身の魂の本質を掴んだ真人は、覚醒のためにサナギとなる。

虎杖が幾魂異性体を蹴り飛ばした頃。真人はすでにサナギから羽化し、「無為転変」により自身を「遍殺即霊体」へと変化させた!

「ハッピーバースデ!ってやつさ」

明らかにレベルが上がったとわかる真人が虎杖の前に姿を現す。

次回へ続く。

呪術廻戦【130話】の感想

「呪術廻戦」130話では、真人が賭けに出た0.2秒の超高速領域展開が成功し、宿儺から攻撃を受けることなく、東堂に大ダメージを与えました。

さらに、黒閃を経て覚醒したことで魂の本質をつきとめてしまいます。

「無為転変」で本質の姿へと魂を変えた真人の姿「遍殺即霊体」は、軽く虎杖の力を上回っていそうです・・。

ただ、虎杖も黒閃を幾たびも放ち覚醒し続けているため、新たな能力に目覚める可能性は十分にありそうです。

ツイッターやブログの感想を見ても、「宿儺の術式」が使えるようになるんでは?と予想する人が多いですね。

たしかに、虎杖がレベルアップするのに宿儺の力を使わない手はないです。

さらに、もう一つ本筋とはあまり関係なくなってしまうのですが、東堂のペンダントに収められた虎杖と高田ちゃんの写真。

高田ちゃんはわかる。本人には内緒で撮ったのだろうけど笑

だけど、虎杖まで入れてるのには驚きました。ブラザー愛が深すぎる・・!!笑

もしや、真人も「え?こいつもしかしてソッチ?」ということで一瞬動きを止めたのだとしたら、東堂の変態体質が勝機を見出したといっても過言ではない?笑

ポテトポップ
いや、あれは東堂に左手を叩かれたことに対する反応なんじゃないかな

まとめ

以上、「呪術廻戦130話のネタバレ」についてご紹介しました。

真人は0.2秒の超高速領域展開を見事に成功させ、宿儺を足止めしたまま、東堂を戦闘不能にし、ずっと狙っていた虎杖とのタイマンに持ち込みます。

虎杖から黒閃を1発くらってますが、魂の本質を見極めたことで、遍殺即霊体というかなりやばそうな形態へ覚醒しちゃってます。

虎杖VS真人の闘いでは宿儺の出番はほとんどなさそうですが、代わりに虎杖の覚醒が見られそうですね。

虎杖が宿儺の術式を使えるようになる日もそう遠くなさそうです。

「呪術廻戦 ネタバレ 130話」で検索したあなたにおすすめ

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る

イチオシ記事