キングダム661話のネタバレ

キングダム661話のネタバレについてご紹介しています。

661話は、2020年11月19日発売の「週刊ヤングジャンプ2020年No.51」に掲載されています。

今回は、秦・魏同盟軍VS什虎軍の闘いが、秦・魏同盟の勝利で終わり、秦と魏の武将たちが顔を合わせます。

3年間の期限付きの同盟なので、いずれは再び敵同士になるため、どちらも馴れ合う気など毛頭なく、下手に敵意を隠すこともしません。

一触即発の雰囲気すらある顔合わせの内容とは?

キングダム【661話】のネタバレ

「キングダム」661話のネタバレについてご紹介していきます。

661話のストーリーの主な流れはこちら!

  • 捉えた寿胡王は、楚の情報を聞き出すために生かすことにする
  • 満羽、千斗雲、玄右、項翼、白麗は、楚の王都・郢へ向かう。
  • 勝利の報告を聞いた咸陽は沸き立つが、昌平君は浮かない表情・・。
  • 秦と魏の武将たちが什虎顔合わせする

「満羽のことは語った。その結末を見届けるのはお前たちに任せる。」

寿胡王は、自らの首をはねるようにいいながら、騰たちに満羽のことを託そうとする。

寿胡王や満羽の過去を知ったことで、このまま彼らを打ち首にすることに躊躇する表情を見せる秦国軍の面々・・。

口を開いたのは騰だった。

「手前勝手なことを言うな寿胡王。お前をここで殺しはせぬ。」

中華統一を目指す秦は、いずれ大国楚とも戦うことになる。その時、寿胡王たちが持っている情報が役立つことは間違いない。

「そして何より、満羽の結末はお前がその目で見届けろ」と続けた。

戦に破れた満羽ら什虎軍は、什虎城に戻ろうとするが、その途中で什虎城がすでに魏によって落とされていることを聞かされる。

通常の軍であれば、すぐさま奪還するべく躍起になるはずだが、什虎軍はそのまま方向を変え、楚王都・郢を目指す。

満羽、千斗雲、玄右の表情は虚ろだ。

そんな什虎軍に対して、不満の声を上げるのは、もちろん項翼だ。この戦いが将軍になってからの初陣であり、華々しい活躍も戦果もあげられなかったことが腹立たしそうだ。

その怒りの矛先は、什虎軍に向けられた。

何ぃ!?什虎城が落ちた!?

敗戦の知らせを聞いた楚王都・郢は不落の城が落ち、重要拠点が魏に奪われてしまったことに衝撃を受ける。

媧燐は、すぐさま什虎城付近の国境守備を書き換えるよう李園に指示。

そして自身は敗戦の将である満羽に会いにいくと言う。

居城を奪われておきながら、何も手を出さずに退却してきたことは、普通であれば打ち首ものであるが・・。

「ただのバカではなく、大馬鹿であれば使い道がある・・」といって、満羽たちが「生かす価値があるかどうか」を見極めに行くようだ。

「見事に秦魏同盟軍が什虎城を陥落させました!」

秦国王都・咸陽は吉報に沸き立つ!秦と魏の同盟を言い出した昌平君は周りから賞賛の声を浴びる。そして、嬴政も昌平君をねぎらった。

「よくやった昌平君」と嬴政に直々に褒められるものの、昌平君の表情は少し戸惑いの色を見せている。

何はともあれ、これで趙の王都邯鄲に全力を注ぐことができるようになった。

什虎城で顔合わせをする騰、蒙武をはじめとする秦将と、呉鳳明を始めとする魏将たち。

同盟を結んでいるとはいえ、元は仇敵同士。その場は一触即発の雰囲気すら感じられる。

中でももっとも血の気の多い乱美迫と蒙武は、お互いに一目だけ相手の顔を見るとすぐにその場を後にした。

「まずは上に代わり礼を言おう。よく同盟を受け共に戦ってくれた。」と騰は秦将を代表して呉鳳明に礼をする。

これに対し、呉鳳明は下手に本心を隠すことなく、「この同盟、魏にとっては利だが、秦にとっては失敗以外何者でもない。」と宣告する。

同盟を結ぶ3年間で、魏は中華の最重要箇所の一つである什虎城一帯を制圧するのに対し、秦は趙を滅ぼすことができず、何も得るものはない!と言うのだ。

これに対し、騰は「趙を滅ぼした後はお前たち(魏)だ」と宣戦布告ともとれる言葉で返す。

次回へ続く。

キングダム【661話】や単行本最新巻が無料で読める!

キングダム661話のネタバレを知ると、実際に漫画で読みたくなりませんか?

661話が収録されている、「週刊ヤングジャンプ2020年No.51」や、単行本最新巻の59巻を無料で読むことができるってご存知ですか?

もちろん、漫画村のような違法サイトではなく、出版社公認のサービスを使うので安全です!

1〜2分の簡単な手順で読めますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

▶︎▶︎漫画を無料で読む方法

キングダム【661話】の感想

661話では、什虎城を陥落させたあとの、秦、魏、楚、それぞれの反応が描かれました。

戦いに敗れたあとの什虎軍の豹変ぶりがすごかったですね。まるで先刻までとは別人のようです。

「守るべきものがない」=「目的がない」とすれば、自然と心に迷いが生じやすく、本来の力を出し切ることもできないのでしょう。

ポテトポップ
千斗雲の変貌ぶりが一番大きかったね

「敗軍の将は打ち首」ということで、満羽は楚国へ行くと自分たちがどうなるか百も承知だったはず。それでも、そうする他ないのは、なんとも言えない感じです・・。

ただ、媧燐が「大馬鹿なら使い道がある」といったようなことを行っていることから、十中八九満羽たちが殺されるようなことはないでしょう。

この先、秦と楚が本格的な戦いを始めた時、再び立ちふさがることになるはずです。

一方、勝利の報告が入った秦国王都・咸陽は喜びに沸き立つわけですが、秦魏同盟を言い出した昌平君は、何やら複雑な表情です。

普段から感情をほとんど表に出さない人なので、考えが全く読めません。

史実では昌平君はこの先祖国である楚へ亡命し、秦の中華統一最大の障壁となるわけですが、もしかするとこの時期から何らかの打診を楚から受けていたのかもしれないですね・・。

ポテトポップ
もしそうならわざと秦にとって不都合なように戦略を立てることも・・昌平君なら誰にも気づかれないように、布石を置いておくこともできそう。

そして、肝心の秦・魏同盟軍のその後はというと、やはり一触即発の雰囲気でしたね。

むしろお互いに「3年後は覚悟しとけ!」みたいな宣戦布告ともとれる言葉を発しています。

ちなみに史実では、この後、秦国は趙よりも先に韓を滅ぼしています。その戦いの中心になったのは、騰です。

まとめ

以上、「キングダム661話のネタバレ」についてご紹介しました。

什虎城を陥落させ、魏と本格的に3年間の同盟が成立したことで、いよいよ趙の王都・邯鄲に全力で攻め入ることになるようですが、史実では先に韓を滅ぼしているようです。

魏、韓と周りの憂を完全に排除してから、本命を攻める!という戦略なのかもしれないですね!

「キングダム ネタバレ 661話」で検索したあなたにおすすめ

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る

イチオシ記事