あせとせっけん7巻の特装版と通常盤の違い。おすすめはどっち?

あせとせっけん7巻には通常盤の他に、小冊子のついた特装版があります。

特装版は全ての巻にあるわけではなく、他にあるのは5巻だけです。

あせとせっけん7巻の特装版と通常盤の違いについて紹介したいと思います。

ちなみに、7巻を買うなら、特装版と通常盤どちらがおすすめなんでしょうか?

あせとせっけん7巻の特装版

あせとせっけんには、5巻と7巻にだけ特装版が発売されています。

特装版では、通常の本編と別に、表紙が特別であるのと、小冊子がおまけでつきます。

ちなみに、紙版を購入した書店でもらえる店舗特典とは別物です。

7巻の特装版の表紙と発売日

あせとせっけん7巻特装版の表紙

発売日:2020年4月23日

価格:990円

7巻の収録話

  • 第53話 はじまりの朝
  • 第54話 ダラダラしようよ
  • 第55話 ファーストコンタクト
  • 第56話 いらっしゃい、麻子ちゃん
  • 第57話 名取家の宴
  • 第58話 すき
  • 第59話 静かな朝
  • 第60話 帰り道
  • 第61話 これを乗り切れば
  • 第62話 核心

特装版と通常盤の違い

通常盤の表紙

あせとせっけん7巻通常盤の表紙

構図は、特装版と一緒ですが、背景が随分と違いますね。

価格は、通常盤が671円、特装版が990円なので、だいたい300円くらい違います。

特装版と通常盤の大きな違いは、特装版には小冊子がつくことです。

この小冊子には、

  • コミックス未収録のイラスト
  • 描き下ろし短編(3話分)

が収録されています。

短編集のタイトルは

  • 八重島桂太と厄介な客たち
  • お取込み中すいません
  • 性別逆転の昼休み

の3つです。

電子書籍でも小冊子はつく?

あせとせっけん7巻の特装版に付いてくる小冊子は、紙版でも電子版でも同じようにつきます。

電子書籍の小冊子も内容はおなじく、短編集とイラスト集です。

特装版と通常盤どっちがおすすめ?

特装版と通常盤では、だいたい300円くらい値段がかわります。

となると、小冊子の内容が300円分の価値があるかどうかが、大きな判断基準になります。

で、結論としては、おすすめは特装版です。

つまり、小冊子はボリュームと質、両方において、300円以上の価値があると思います。

まぁ、実際にその価値があるかどうかは、人それぞれなのですが、少なくとも、特装版を買おうかどうか迷っているくらい、「あせとせっけん」が好きな人なら、間違いなく満足できる内容だと思います。

小冊子の内容をもう少し詳しく

小冊子のページ数は35ページほどです。

短編3つとイラストを合わせてのページ数であるとはいえ、通常の本編の1話分よりもボリュームがあることになります。

▶︎▶︎あせとせっけん7巻の特装版を読む

▶︎▶︎あせとせっけん7巻の通常盤を読む

ポテトポップ
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コミック☆マイスターでは、おすすめの漫画のレビューや、人気作品の考察をメインに更新していきます。

漫画好きなあなたが楽しめるサイトを目指していきますので、応援よろしくお願いします!

Twitterのフォローもぜひ!

イチオシ記事