サバイバル漫画のおすすめ特集2020

ポテトポップ

こんにちは!
コミック☆マイスターへようこそ!

2020年に入って、少しマンネリ化してきた感はありますが、まだまだ「デスゲーム系」や「無人島系」のエログロサバイバル漫画の人気は健在です。

引き込まれるストーリー展開や、「エログロ」が醍醐味だったりしますが、中には深いメッセージ性のある名作も生まれつつあります。

今後も、注目のジャンル「サバイバル漫画」から2020年最新のおすすめを紹介します!

【2020年版】サバイバル漫画のおすすめ特集

デスゲーム編5選

出会って5秒でバトル
出会って5秒でバトル1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • 駆け引きが楽しめる!
  • デスゲーム系漫画の完成形!
  • 特殊能力を使ったバトルも見応えあり!

あらすじ

それはいつもと変わらない朝から始まった。

ゲームと金平糖をこよなく愛する高校生の白柳啓は、魅音と名乗る謎の女によってある日突然戦いの場に巻き込まれてしまう。

集められた人々に対し「あなた達にもはや戸籍はない」「実験モニターになってもらう」そして「能力を与えた」と語る魅音。

啓は己に与えられた能力を使ってゲームを勝ち上がり、組織を潰すことを決意するが――。

誰もが予想しえない能力と、類まれな“脳”力を武器に、新時代の頭脳派能力バトルが始まる!!

レビュー

異能力×デスゲーム系の漫画です。

異能力で解決するタイプの漫画が増えてきた気がしますが、本作はキャラクター同士の駆け引きもしっかりしており読み応えがあります。

駆け引きのしっかりしたデスゲームが読みたい方にはおすすめの作品です。

▶︎▶︎「出会って5秒でバトル」を読む

人狼ゲーム
人狼ゲーム1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • キャラクターが立っている!
  • ルールが単純でわかりやすい!
  • 絵がエロくてグロい・・。

あらすじ

高校2年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまう。

目覚めると、謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に「人狼ゲーム」に参加させられることになる。

そしてそれは、『人狼』と『村人』に分かれて仲間同士で殺し合い、ルールに従わない者にもまた凄惨な死が与えられるという、恐怖と戦慄に満ちたデスゲームだった……!!

レビュー

おもしろかった!

キャラそれぞれ、殺されないで欲しいっておもってしまう描写。なので殺されてしまったときはかなりショックを受けてしまう...それだけしっかりキャラが立っている!

▶︎▶︎「人狼ゲーム」を読む

王様ゲーム
王様ゲーム1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • 読み始めたら続きが気になる!
  • 黒幕が誰なのか気になる!
  • 結末の種明かしが意外!

あらすじ

金沢伸明は高校2年生。ある日、「王様」を名乗る人物から不可解な命令が記されたメールが届く。最初はごく簡単な命令だった。

しかし命令は次第にエスカレートしていく。

命令への非服従は「死」という名の「罰」に直結する、命がけの「王様ゲーム」が今、始まった!!!!!!!

見えない「王様」に立ち向かう伸明を待ち受けるものとは!?

モバゲータウンで4ヶ月連続で総合ランキング1位を獲得した大人気ホラー小説を完全コミック化!!

レビュー

こういう心理もの好き。
若干単調ではあるかもしれないが、続きが気になる。

今年の夏に映画化するらしい。
小説版が出てるので全部読んでしまおうか...。

▶︎▶︎「王様ゲーム」を読む

ダーウィンズゲーム
ダーウィンズゲーム・1巻・表紙

こんなところがおすすめ!

  • 緊迫感のある展開!
  • ヒロインたちがエロくてかわいい!
  • いろんな能力が出てきてワクワクする!

あらすじ

見知らぬアプリ「ダーウィンズ・ゲーム」を起動させてしまった高校生・カナメの前に、対戦相手のパンダ男現実に現れ…!?生死を懸けたソーシャルゲームが始まった!!

レビュー

アニメを見て、読み始めました。

ダーウィンズゲームというアプリを用いたデスゲーム×心理戦の漫画です。 緊迫した展開が続くので、夢中になって一気に読んでしまいました。面白いです。

▶︎▶︎「ダーウィンズゲーム」のまとめ記事はこちら

▶︎▶︎「ダーウィンズゲーム」を読む

バトル・ロワイアル
バトルロワイアル1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • エログロ表現の極地!
  • 怖いだけじゃない、感動できる!
  • 極限状態での人間の本質・・。

あらすじ

東洋の全体主義国家大東亜共和国では「プログラム」と呼ばれる殺人実験が行われていた。

全国の中学3年生のクラスから実験対象を任意で選び、最後の一人となるまで殺し合わせるという残酷なルール。

城岩中学の3年B組の42人は、まさか自分たちがそのデス・ゲームに巻き込まれるとは、知る由もなかった…!!

レビュー

原作を完全に消化し、昇華した漫画版です。

登場する中学生たちは皆一様にアツく、クドいです

中学生に思えないどころか人類の持つポテンシャルの限界を軽く逸脱している気がしないでもない。

この漫画を読めば「まっすぐに生きてやるぞォー!」ってエネルギーで心がイッパイになって、大切なアノ人にMAXパワーのカウンターパンチを撃ち込みたい衝動に駆られるとか駆られないとか。

▶︎▶︎「バトル・ロワイアル」を読む

無人島編5選

自殺島
自殺島1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • 挫折から始まる再生の物語。
  • タイトルと相反するメッセージ。
  • とても深い・・。名作です。

あらすじ

「自殺島」──それは、自殺を繰り返す“常習指定者”達が送られる島。

主人公・セイも自殺未遂の末、その島へと辿り着いた。

果たして、セイ達の運命は!?極限サバイバルドラマ待望の第1巻リリース!!

レビュー

「自殺未遂者を集めて閉じ込めた島」という凄い設定から始まるサバイバル物。

社会に、そして自分に絶望し、自殺を計った者たちが、力を合わせて必死に生き抜いていく。

自分の存在価値や生きる意味、そして命の尊さを考え直させてくれる作品だった。

万一自分がこの島に送られていたら、サバイバル能力という意味でも、社交性という意味でも、果たして生き残れたのだろうか、どう生きようとしたのだろうか。

最後までじっくり読まされた名作。

▶︎▶︎「自殺島」を読む

インゴシマ
インゴシマ1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • エロ多めのエログロ作品!
  • 絵が上手い。
  • 原住人の正体が気になる!

あらすじ

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。

流れ着いた海図にない島―― そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。

人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる!

飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。

すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。

命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

レビュー

真夜中のラジオ文芸部で紹介されていたので、サイトで1~3話と最新10話を読んだところ、中毒になりました。

広い範囲でマンガ好きな方なら充分たのしめる内容です。極端なエロやグロ、理不尽なパニックホラーを求める方々には物足りないかもしれませんが、総合的には映像化にも耐えられる作品に仕上がっています。

▶︎▶︎「インゴシマ」を読む

エデンの檻
エデンの檻1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • 序盤から引き込まれる!
  • 現代版漂流教室。
  • お色気シーンも!

あらすじ

存在しない場所!不可解な動物たち!底知れぬ謎!全力で生きなきゃ死んじまう!この島ハンパねぇ!!

――グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた!

気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。

その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。

襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。

謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!

レビュー

マガジンでは最初スルーしていたマンガですが、
一度読み始めたら止まらなくなりました!!

修学旅行の学生や一般客を乗せた飛行機が墜落し
無人島へ不時着するところから物語りはスタートします。

その後、離れ離れになっていた、彼等は様々な脅威に襲われながら
無人島?と思われる場所から、不時着した飛行機へ戻ろうとするのでうす。

このマンガ、かなり面白い!
久々にはまってます!!

▶︎▶︎「エデンの檻」を読む

彼岸島
彼岸島1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • 絵が独創的!
  • なぜか先を読み進めてしまう。
  • ホラーとミステリーの配分が絶妙。

あらすじ

吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最後、再び生きて還ることはない……。

大学に合格したばかりの宮本明(みやもと・あきら)の兄は、2年前に行方不明となっていた。実は彼は彼岸島へ連れ去られ、現在一人で身を隠し生活していたのだ。

そんなある日、明の前に現れた謎の美女。

彼女は行方不明の兄の免許証を持っていた。

それは恐るべき島への誘い。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がる――。

戦慄(せんりつ)の吸血鬼サバイバルホラー!!

レビュー

絵も癖があって決して上手いとは言えない。
展開もご都合主義で、あり得ない感じになっていく。

それなのに何故か続きが気になって読んでしまう。
そんな不思議な魅力がある漫画ですね。

▶︎▶︎「彼岸島」を読む

BTOOOM!
btooom1巻の表紙

こんなところがおすすめ!

  • オンラインゲームが題材。
  • 序盤の展開の速さ!
  • 爆弾を使ったバトルシーン!

あらすじ

日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって南海の孤島に連行される。

そこで彼が強いられたのは、同じく島に連れ去られて来た人々との爆弾を駆使した殺し合い!?なぜ、誰が、何の目的で!?ゲームの名は『BTOOOM!』。

その中身は驚愕の「リアルボンバーデスゲーム」。時限式、クラッカータイプ、リモコン型。

数種の爆弾を使いこなし生き残るために爆殺せよ!!容赦なしのサバイバルゲームがスタート!!

レビュー

昔バトル・ロワイアルをコミックで読んだことがあったので、ちょっと世界観やゲームのルールが似てるなと思いました。

追い詰められた時の人間の本性が露になって、人間不信に陥りそうな状況で最後まで人を信じてあきらめないことの大切さを考えさせられるストーリーです。

▶︎▶︎「BTOOOM!」を読む

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る

イチオシ記事