ヒメゴト・ネタバレ

この記事では、ヒメゴトのネタバレを含んだあらすじや感想について知ることができます。ヒメゴトは、由樹・カイト・未果子のそれぞれの過去と関係性が、緻密に練られた無駄のないストーリーで描かれています。
ヒメゴト〜十九歳の制服〜は、ぜひ漫画で実際に読んでいただきたいですが、この記事でも、結末について少しだけ触れています。

ヒメゴトのネタバレ〜全巻まとめ〜

1巻のあらすじ

花森大学に入学して、3ヶ月が過ぎた。季節は春から夏へ移り変わろうとしている。とにかく、十九歳の夏は、ひどく蒸し暑い。ただ、暑いと感じているのは、夏の暑さのせいだけではない。

あたしには二つの呼び名がある。一つは本名である“ユキ”。もう一つは“ヨシキ”。昔から男っぽい性質だったせいで、中学の時に男友達の祥につけらた。その名付け親の祥は、中学を卒業してからも、高校、大学までいつも、由樹の隣にいる。

せっかく、わざと自分を知る人のいない大学にいって、今の素直な自分をだしてみようと思っていたのに、祥がついてきたせいで、決別しようと思ってた“ヨシキ”という名前がまたついてきた。

あたしはまた、大学4年間を“ヨシキ”で過ごさなくちゃいけないの?人前でスカートを履くこともなく、自分を慰めるためだけにスカートを履いて・・。

そう思っていたあたしは、未果子と、カイトに出会う。

2巻のあらすじ

アタシ(カイト)にとって、女の子は鏡。魅力的な女の子が現れるとね、アタシはその女の子になりたいって思うの。一緒にいたいとか、抱きたいとかじゃなくてね。

だから目の前にいる女の子は鏡に映る自分なの。その中でも、永尾未果子は、完璧でアタシの理想とする女の子。

アタシに残された時間はあとわずか。今こうしているうちにも、どんどん女の子が似合わなくなっていく。だから、アタシは、“女の子”であることを無駄遣いしている由樹を見ていてイラ立つようになった。

でも今は、由樹と女友達としていられる時間が、ものすごく楽しい。由樹には女の子のアタシを見て欲しい。女の子として褒めてほしい。尊敬されたい。

女友達としてずっといてほしい。

3巻のあらすじ

私(未果子)は、温もりに飢えている。

私にとってヨシキは、理想の男の子。手を繋いで歩くことを恥ずかしがったり、恋愛の話をしようとすると顔を赤くする。

雨の中で繋いだヨシキのては温かい。離さないで。このままどこまでもいい、連れていって・・。

ヨシキは本当に可愛い。小ちゃな蕾みたい。このままでいいのに。このままずっと、変わって欲しくない。

花が開くと誰かが摘みにくるなら、私はこの蕾を開かせない。

4巻のあらすじ

「恋してるねー。」街中で通りすがりの女友達の会話が、あたし(由樹)の心の中でずっとわからなかった疑問に答えてくれた。

あたしは、相葉カイトに恋をしている。

あたしが好きな相葉カイトは、永尾未果子に憧れている。もし、未果子がカイトの本当の気持ちを知れば二人はすぐにでも付き合える。

だから、あたしは未果子の前で芝居をした。「未果子が好き。」その言葉を聞いた未果子は、とても嬉しそうだった。

未果子の心を掴んでさえいれば、未果子はカイトに振り向くことはない・・

これまで“ヨシキ”として男の子を演じてきた、これからは未果子の“恋人”を演じればいい。

ただ役割が増えるだけなのに、どうしてこんなにも心が乱されているのだろう。

5巻のあらすじ

私(未果子)とあなた(カイト)は似てる。私はヨシキと“恋人ごっこ”をして、性欲は他所で満たす。

あなたは、由樹と“女友達ごっこ”をして、性欲は他所で満たす。でも、私とあなた、一つ違うところがある。

それは、誰にも言えない秘密をあなただけヨシキに受け入れられたこと。

あなたは、「由樹に私の秘密を受け入れさせはしない。」と言う。だったら、あなたが私の秘密を受け止めてよ。

6巻のあらすじ

私(未果子)は、男に貢いで、男に騙されたあのバカとは違う、男に貢がせて、男を騙すんだよ!

貢がせたお金は、そのまま私の価値。私の価値は、この制服が証明してくれる。

この制服を着た私は輝いて見える。だから、たくさんの人がたくさんお金を払う。

それに私の実家はとても貧乏で、普通のバイトしてたら大学さえ通えない。・・といっても、私が、体を売るのはお金のためだけじゃない。

私は、汚れないと気持ちよくなれないから・・。

7巻のあらすじ

アタシ(カイト)は、由樹じゃなくて未果子を選んだ。でも、それは普通の好きとは違う感情。あんなことになったのに、未だにアタシは未果子に憧れている。

由樹との女友達ごっこは、もう終わりにする。というより、もうとっくに、由樹がアタシに“女友達”ではなく“彼氏”の役割を求めた時点で終わっている。

アタシは、あんたの“彼氏”になることはない。アタシが楽しいと思えたのは、由樹と女の子の格好して、買い物したりすること。

本当は、もっと早くいうべきだった。未果子が由樹に近づかないようにするんじゃなく、由樹が未果子の心を繋ぎとめようとする理由を失くせばいいだけの話。

由樹、アタシたちもう今日でお別れ・・

8巻のあらすじ

あたし(由樹)は変わりたくて、わざわざ遠い大学を選んできた。“女友達ごっこ”をするためでも、“恋人ごっこ”をするためでも、“家族ごっこ”をするためでもない。

“ごっこ遊び”をやめて、自分に割り振られた役割を脱ぎ捨てるために、今、ここにいる。

高校の卒業式を終えて、制服のスカートを脱いだら、これからは何が自分を女の子だと証明してくれるのだろうと思った。

はじめから、証明する必要なんてなかった。あたしは、ただ、十九歳の制服を脱ぐことができればよかったんだ。

「ヒメゴト」1巻がほぼ無料で読めます。

U-NEXTに会員登録(31日間無料)するだけで、???円の漫画が無料で読めます!

▶︎▶︎U-NEXTのおすすめポイントと特典について

▶︎▶︎今すぐ、「ヒメゴト」1巻をほぼ無料で読む

ヒメゴトの結末

ヒメゴトの結末、最後のシーンは、ヨシキではなく、ユキとして堂々と女らしくいられるようになった由樹の笑顔で締めくくられています。

最初は、人前でスカートを履いたり、女の子らしく振る舞うことが全然できなかった由樹が、どのような道を辿って、そうなったのか。

由樹が、女の子らしくなるためには、カイトと未果子の存在が欠かせません。二人との、ぐちゃぐちゃに絡まった関係性の中で、もがき苦しんだ末に、ようやくたどり着くことができたのです。

ヒメゴトの最終回で、由樹の高校時代の友人が、「彼氏はどんな人?」と由樹に聞くのですが、「秘密。」とはぐらかしています。

由樹の彼氏は一体誰なのか?カイトなのか、それとも祥なのか・・。結末は、ぜひ漫画でご覧ください。

ヨシキ

ヨシキから見たカイト

由樹にとって、カイトは初恋の相手です。カイトが未果子に好意を持っていると思い込んでいるため、未果子がカイトに興味を持たないように、できるだけ二人を遠ざけるように行動するようになります。

カイトに直接、想いを伝えることができない様子は、まるで小学生の男の子の初恋のようです。そんな純粋で恥ずかしがり屋な男の子の一面を持つ由樹に、未果子は理想を見出すのでした。

カイト

カイトから見た由樹

美しい女性に強い憧れを持ち、自分自身がそうなりたいという欲望があるカイト。そんなカイトにとって、かわいい女の子でいられる短く貴重な時間を無駄にしている由樹の存在は、なかなか許すことのできないものでした。

しかし、その反面、自分の女装癖を知られたことで、何も隠すものがなくなったカイトは、由樹を女ではなく、女友達として見るようになります。

これまで、誰にも言えず、自分を偽り続けてきたカイトにとって、由樹は素でいられる唯一の大切な存在です。

カイトの過去

カイトが初めて、女の子の格好をしたのは幼少の時です。母親に、“似合う”と言われて、姉たちの七五三の着物を着せられたのです。

次にカイトが人前で女装したのは、中学の時です。初めて付き合った先輩の女の子に勧められて、ふざけて着てみたのが、本格的に自分の意思で「美しくなりたい。」と思うようになったきっかけとなります。

それから、一人でも女の子の格好をして街を歩くようになるのですが、突然声をかけてきた年上の男に、トラウマになるような行為を強要されてしまいます。

未果子

未果子の過去

未果子は過去に、大人たちの欲望によって、幼いながらも辛い経験を強いられています。身近な大人の男が、自分を性の対象として見ることに段々と慣れてきた未果子は、次第に男という生き物に辟易するようになります。

未果子から見たカイト

全ての男の優しさは、偽りであり、結局は体を目的にしている。幼いころかの経験で、心と体にそう刻まれている未果子にとって、汚れを知らない男の子のようなヨシキは、まさに理想の存在です。

ヨシキの優しさには、偽りや、いやらしさ、下心などなく、純粋に温かいものでした。

雨の中で、未果子の手を引いて走る、ヨシキに未果子は恋をするのです。

祥は本当にクズなのか?

祥は、ずーっと、由樹に片思いをしていました。しかし、“ヨシキ”という呼び名をつけて、一度、男友達になってしまった以上、どうやって想いを伝えたらいいのかわからなくなります。

幼馴染の男女よりも、恋に発展させることが難しい、とても特殊な関係です。

そんな祥は、由樹がカイトに好意を抱いていることを知り、つい我を失って由樹を強引に襲います。祥が由樹にしたことは、当然許されることではないですが、誰もが祥のような弱い部分を持っているのも事実です。

ヒメゴトの感想と考察のまとめ

ヒメゴトを読んだみんなの感想

感想1
食事が食べられないほど夢中になって読み漁りました。結局、このストーリーだけでお腹いっぱいになり、気付いたら1日、何も食べていません。
微妙な年頃な上に、大学で、いろんな複雑な事情を抱えていたりしてる人たちが、その複雑な人生や出会いが重なって、誰かのために、と言いながら、結局は、自分の為に、駆け引きの間で、深みにハマってしまう。私は先が気になって、一気読み。実に気持ち良くポイントを数千消費しました。人の抱える闇の部分が上手く表現されていて、どう決着をつけるのか、気になって仕方なくなります。女装男子、援交、ス〇ーカー、セッ〇スシーンは多いのですが、そんなところも含めて、とってもいい出来になっていると思います。
感想2
陳腐な言葉だと自分でも思いますが、この作者さんは「凄い」の言葉に尽きます
10代の1819歳の複雑なきもち。大人のようで子どもでもない自分でも処理しきれないきもち。
そして誰にでもある隠したい裏の顔、でもそんな裏を本当は見せたい見つけてほしいという思い。
いつの間にか忘れてしまったけれど、そんな思いが自分の中にもあったなぁと思い出すことが出来ました。
一話読みだすと最後まで止められなくなります!
滅多にレビューはしないのですが、そこら辺にある陳腐な本を読むのに使うくらいなら是非これを読むためにポイントを使って欲しいと思って書きました。
この物語に出会えて良かったです。それくらい素敵な読み物でした。
感想3
面白い!
ひさしぶりにこんなに面白い漫画読みました。
えぐい部分もありつつ、でも人間の本性を表しているなあという感じ。
平凡の中の非凡。
自分の中で当たり前でも、他人には少し異常な悩みってありますよね。
そのきっかけは、とてもなんでもないことへのコンプレックスから始まっていたりする。
最後まで読めて良かったです。
話数は多いけど、読みかけたら最後まで絶対読んでほしい作品です。
すっきり完結しているので続編はなさそうですが、完結して寂しいです。
女の子最高ー!₍₍ ◝('ω'◝) ⁾⁾ ₍₍ (◟'ω')◟ ⁾⁾

ヒメゴトを読んだ感想と考察

ここまで、軒並み好評価の漫画はそうそうみかけないにゃ。

制服を着るということは、体温を保つ目的の他に、自分に役割をもたせたり、何かを演じるためでもある。白衣を着れば医者や科学者の役割。スーツを着ればビジネスマン。

全てではないが、それは、本来の自分ではない、“ごっこ遊び”をしていることになる。白衣やスーツを着て、走り回ったりしないのは、その制服を着た人のイメージや役割を演じようとしているから。

話し方や、人との接し方も、制服のイメージに少なからず影響を受けるにゃ。

自我を押し殺して、人の真似だけしたり、人に言われた通りに生きることはとても楽だ。目的がないから、失敗や挫折もない。厳密にいえば、失敗してもそのことに思い悩む自分がいない。

由樹とカイトも、一度は自我を殺そうとしたけど、思いとどまっている。二人が思いとどまることができたのは、お互いの存在があったから。

たった一人だけでも、自分の秘密を含めて、全てを話したり、見せることができる存在がいれば、他の意見や批判など、まるで気にしないで済むようになるんだにゃ。
ヒメゴトは、表紙だけみると、ただのエロ漫画に見えるけど、これほど人間の心情を描いたり、複雑な人間関係をわかりやすく捉えた作品はなかなかないんだにゃー。

▶︎▶︎コミック☆マイスターのトップページへ