SAOのキリトの剣の名前は?強さの秘密に迫る。

SAO(ソードアートオンライン)は、川原礫原作のライトノベルをアニメ化。2012年にアニメ1期を2クール。2014年に2期を2クール。2019年秋には、後編の2クールが放送される予定です。主人公のキリトはゲーム内でも最強の強さを持ちますが、本当の実力を隠すようにしています。キリトの剣の名前や強さの秘密に迫ります。

SAOのキリトの剣の名前

SAOは、ソードアートオンラインという名前を冠しているだけあって、たくさんの剣があります。キリトが使っている剣は、基本的には片手で振るう、片手直剣。

日本人に馴染みのある刀は、基本的に両手で振るう両手曲剣。SAOでは、キリトの友人であるクラインが好んで刀を使っています。

SAO内で、唯一の二刀流スキルの持ち主であるキリト

キリトは、SAOのゲーム内で唯一二刀流のスキルを持っています。その理由は、二刀流スキルの獲得条件が、“ゲーム内で最も反応速度が優れたプレイヤーに与えられる”といったものだからです。敏捷性に優れるキリトが、二刀流スキルを獲得することになったのです。

キリトの二刀流のスキルは74層フロアボスの攻略の時に、明らかになります。それまで、キリトは二刀流のスキルを隠していました。妬みや嫉みから、不要な争いを避けるためです。

後でも触れますが、キリトは自分の強さや、知識を隠す癖があります。護身のためでもあるのですが、現実世界で、他人と関わらないように生きてきたことも影響しています。

キリトの剣・エリュシデータ

キリトのトレードマークといえば、黒い剣。名前は、エリュシデータ。キリトの剣、エリュシデータは、50層のフロアボス攻略の際に、手に入れたものです。

通常のプレイヤーなら、この剣が一つあれば、強敵相手にしても十分有利に戦うことができる代物です。しかし、先にも触れたように、キリトは二刀流スキルを獲得しています。そのため、もう一振り、エリュシデータに匹敵する剣が必要です。

キリトの剣・ダークリパルサー

ダークリパルサーは、アスナの親友で、刀鍛冶のリズペットによって作られた剣です。キリトとリズペットの2人が協力して手に入れた鉱石を元にして作られています。

キリトの剣や装備には、黒のものが多いですが、このダークリパルサーは、白を基調としています。

キリトの剣技・スターバーストストリーム

74層のフロアボスを攻略する時に、キリトが使った二刀流ソードスキルが、16連撃のスターバーストストリームです。本来、フロアボスは、入念な下準備を整えた上で行われるのですが、この74層のフロアボス攻略に参加したのは、キリト、アスナ、クラインなどの少数。

戦局が厳しいと判断したキリトは、この剣技を使うことで、それまで隠していた二刀流のスキルの披露することになります。

SAOのキリトが、かっこいい

SAOとキリト

SAOは、多人数参加型のオンラインゲームですが、他のゲームと違うのは、プレイヤーがゲームの世界に精神だけ肉体から分離して参加すること。

桐ヶ谷和人はキリトとして、SAOのベータテストに参加。そして、本格的にゲームが始まるとともに、桐ヶ谷和人は、2020年、茅場明彦が作り出したソードアートオンラインのプレイ中に、他のプレイヤーと共に、ゲームの中に閉じ込められます。

ゲーム内でHPが0になると、SAOの世界に精神を移動させるためのヘッドギアに、電流が流れることによって、脳を焼き切られてしまうことから、SAOは、デスゲームへと変わります。

SAOのベータテストの参加者は、ゲーム序盤で大きなメリットを持つため、「ビーター」と呼ばれて、批判の対象になっていました。キリトは、そういった批判から身を守るために、本当の実力と共に、ベータテスターであることを隠します。

ソロプレイヤーとして、キリトの名前が有名になる

SAOを攻略する上で、パーティを組むことは常識。敵が複数で攻撃してくる以上、ソロプレイでは限界があるからです。

しかし、キリトは自分の実力を隠すために、ソロプレイにこだわります。しかし、スキルは隠し通せても、実績を積むことで、キリトの名前はSAOの世界に広まっていきます。

SAOのキリトのかっこよさは、綺麗なビジュアルと動きのあるアニメで見た方が、もっとよくわかります。実は、とある方法で簡単にアニメを好きなだけ見ることができますよ。

▶︎▶︎SAOのアニメを全話無料で見る

SAOのキリトは死んだのに、どうして生き返った?

キリトとヒースクリフの決闘(デュエル)

74層のフロアボスの闘いが原因で、アスナはしばらく戦線を離脱。しかし、アスナは、所属する血盟騎士団の副団長。戦線離脱が長期化するにつれて、アスナの立場は危うくなります。

血盟騎士団の団長ヒースクリフは、ついにアスナに対して直接的な行動に出ます。そして、アスナを庇うキリトと対峙することになります。

キリトはヒースクリフとの決闘の最中、大きな違和感を感じます。キリトのスピードは、SAOで最速。だからこそ、二刀流スキルを獲得しているわけですが、どういうわけか、ヒースクリフの移動速度は、キリトを凌駕しています。

ゲーム内最速の自分を超える速度で移動できるとすれば・・、キリトの中である仮説が生まれます。

ヒースクリフが、ゲームマスターであり、茅場明彦なのだと。

さらに、この仮説が正しいことを証明する事態が起こります。それは、75層のフロアボス攻略の時。クォーターポイントのフロアボスは、他のフロアボスに比べて、強くなる設定があります。

75層のフロアボスの強さも尋常ではなく、死者が14名も出るほどの厳しい戦闘に。なんとか、フロアボスを倒した時、キリトも含め全員のHPがギリギリまですり減っていたにもかかわらず、ヒースクリフのHPだけ、半分以上残っていました。

キリトは、自分の仮定が正しいことを証明するために、ヒースクリフに不意打ちを加えます。普通であればHPが0になり、ゲームオーバーになるところが、ヒースクリフに表示されたのは“破壊不能オブジェクト”。

つまり、ヒースクリフは不死の存在。ゲーム内において、明らかに異質の存在。

キリトが突き詰めると、ヒースクリフは、自分が茅場明彦であることを認め、再びキリトに襲い掛かります。

ヒースクリフ戦での、アスナとキリトの死

ヒースクリフとの戦いに勝てば、100層のフロアボスを攻略せずとも、SAOをゲームクリアできるという条件で、キリトは戦いに挑みます。

SAOを作ったヒースクリフは、ゲーム内のソードスキルを全て把握しています。そのため、ソードスキルを使って、ヒースクリフを倒すことは不可能です。

SAOでは、ソードスキルを使うと、ライトエフェクトが光り、スキルが発動した直後、わずかな硬直時間があります。これは、プレイヤー全員が知る弱点です。この弱点を補うために、パーティーを組んでいるとも言えます。

ヒースクリフの鉄壁の防御に焦ったキリトは、ついソードスキルを使ってしまいます。ヒースクリフは、この攻撃をしのげば、硬直時間に無防備となったキリトに致命傷を与えることができる。

そして、キリトのソードスキルが終わったあと、ヒースクリフがキリトに切りかかるのですが、2人の間に、アスナが割って入り、キリトを庇って絶命します。

アスナは、戦いの前に、ヒースクリフによって、麻痺状態にされていたはず・・。それなのになぜ?ゲームの設定を超えた力が働いたのです。

アスナの死は、キリトの精神を砕くのに十分すぎるものでした。戦意喪失したキリトは、ヒースクリフの攻撃を無防備でうけ、HPが0になります。

キリトが生き返った理由

キリトのHPは、ヒースクリフの攻撃により、たしかに0になりました。しかし、再びゲームの設定を超えた力が働き、キリトはヒースクリフを攻撃、そして、絶対に破壊できないオブジェクトである、ヒースクリフを倒すことに成功します。

この瞬間、SAOが攻略されたことになります。2年以上かかり、4000人以上の犠牲者を出したSAOに終止符が打たれた瞬間です。

そして、HPが0になっていた、キリトとアスナも、ゲームクリアと同時に生還します。ゲームの設定を超えた状態だったためです。

映画「マトリックス」でいうところの、ネオとスミスのような存在が、キリトとアスナです。精神だけで行動することができるSAOの世界だからこそ、その強さは未知数。

精神の強さが想定した値をこえることによって、ゲームのシステムが制御することができなくなったと言えます。

SAOの世界について、もっと詳しくしるなら原作小説を読むのが一番です。実は、小説やラノベを中古よりも限界以上に安く、綺麗な状態で見る方法があります。

▶︎▶︎漫画がすぐに無料で読める!まとめ買いすればするほど得するサイトとは?