ライキンで移民するメリットとは?条件や必要なアイテムについて解説!

ライキン(=Rise of Kingdoms)には「移民」というシステムが存在します。

移民は行うことで、現在の王国から他の王国に移り渡るシステム。

新たな環境でゲームに挑むチャンスとなるでしょう。

ですが、現在の環境を捨ててまで、移民を行うメリットとはどこに存在するのでしょうか。

また、移民に必要な準備や条件、おすすめのタイミングや王国とは。

今回はそんなライキンの移民のメリットと、移民に必要な条件、タイミングやサーバーについて解説を行います。

ライキンで移民するメリット

ライキンにおいて、サーバー移動の意味がある「移民」。

では、その移民のメリットとは何があるのでしょうか。

ライキンで移民を行うメリットは以下の通りです。

  • 今いる王国より有利になれる可能性が高い
  • 遊びたいイベントを何度でも遊べる
  • 記念碑のアイテムをまた受け取れる

それぞれ詳しく解説していきます。

今いる王国より有利になれる可能性が高い

ライキンで移民を行うメリットの一つが「状況の打破が狙える」ことです。

ライキンで移民をする場合、基本的には新しく作成された王国に移るということが多いと思います。

ライキン内で新しく作成された王国は、そうして移動してくる移民も多いのですが、新規プレイヤーが配置されることも多い傾向。

つまり、自分よりも下の、端的に言えば「弱い」プレイヤーが多数いると言ってもいいでしょう。

相対的に自分が他よりも強くなれるということです。

そうなると自身のランキングは上昇し、王国の中で戦力になれる機会も増えます。

また、新たな王国に移民することで、ゲームをより楽しめる可能性も。

上位のプレイヤーしか参加できなかったイベントやKvKなどに、参加できるかもしれないというメリットが発生します

自分が新たな王国でランキングを上げて上位プレイヤーに入ることができれば、充分にあり得る話です。

遊びたいイベントを何度も遊べる

ライキンで移民を行うメリットの一つに「イベントが繰り返し遊べる」というものも。

ライキンではKvKをはじめ、様々なイベントが開催されています。

ですが、そのイベントの開催期間はサーバーによってまちまち。

実はライキンのイベントは、王国、つまりサーバーの「稼働時間」が開催時期に関わってくるのです。

ライキンのイベントは「サーバーが稼働しておおよそ○○日」が経過すると発生するような設定。

そのため、移民先の王国の稼働期間とイベント発生の期間を調べておけば、自分が参加したいイベントを何度も楽しめるという寸法です。

例えば「幸運のルーレット」イベントに参加したい場合、幸運のルーレットイベントが発生する期間とサーバー稼働期間を調べておけばいい話。

幸運のルーレットが発生する王国を指定して移民を行えば、幸運のルーレットが何度でも遊べるということですね。

うまく王国間を渡り歩いていけば、ずっと同じイベントを遊び続けるということも不可能ではありません

それはKvKにも言えるメリットです。

KvKは一次、二次、三次と種類があるのですが、どれにもそれぞれルールが存在。

中には自分にとって得意なルール、有利な条件であるルールがあるでしょう。

そしてKvKにも開催時期が決まっており、それぞれの開催時期はやはりサーバーの稼働時間が関係しているのです。

これも稼働時期と開催時期をチェックして移民すれば、自分にとって有利なルールで戦い続けることもできるでしょう。

他のアプリゲームではあまり見られない大きなメリットと言えますね。

記念碑のアイテムがまた受け取れる

ライキンで移民を行うメリットの一つに「記念碑の報酬を再び受け取ることができる」というものもあります。

移民を行って他の王国に行くと、今まで取得した記念碑の報酬がリセットされ、再度取得できるようになるのです。

貴重な宝石や金の鍵などをもう一度手に入れる大きなチャンス。

無課金の場合はこのメリットを目当てに移民を考慮してもいいくらいかもしれませんね。

ライキンの移民に必要な条件

ライキンの移民には前述したようなメリットが存在。

それらのメリットを受け取るためにも、移民を考えている人もいるでしょう。

では、ライキンで移民を行う際、具体的にどのような準備が必要なのでしょうか。

ライキンで移民を行う場合

  • パスポートの用意
  • 資源量の確認
  • 同盟の脱退
  • 都市及び部隊の戦闘状態確認
  • 移民先と移民者の状態確認

などといった条件のクリアや事前の準備が必要不可欠です。

では移民を行う際の条件や、それに関する準備に関して、細かく解説していきます。

移民に必要な条件①「パスポート」アイテムが必要

ライキンで移民を行う条件の一つとして、「パスポート」が必要になります。

パスポートは主に同盟のショップのラインナップアイテム。

個人ポイントを6万消費して購入できます。

また、課金パックの中にある「美しき新世界」にも封入されているようです。

パスポートは1個きりでいいというわけではなく、自身の戦力に応じた量を用意する必要があります。

戦力1000万以下のプレイヤーは1個でいいのですが、以降は500万ごとに1枚ずつ必要数が増えていくのです。

1500万以上の戦力を持ったプレイヤーの場合、パスポートは2枚必要になるということですね。

尚、必要になるパスポートの数は最大75個。

戦力が1億を超えるほどの強豪だとそれだけパスポートを消費してしまいます。

ちなみに、75個以上はパスポート必要数が増えることはないようです。

まずは事前に自分の戦力を確認し、必要な量のパスポートを揃えておいてください。

日々同盟ショップや課金パックを駆使して、コツコツ集めておくのが推奨されるでしょう。

移民に必要な条件②資源が倉庫の保有量を超えていないこと

ライキンで移民を行う条件として、資源の管理も必要となります。

ライキンでは、資源が倉庫の上限を超えている場合は移民を行うことができません。

もし上限を超えているという場合は、倉庫の中身を減らしていく必要があるのです。

具体的には

  • 自分のサブアカウントや同盟のメンバーに資源を援助して減らす
  • 建設や研究に使用して減らす

ということを行って資材を使っていきましょう。

尚、どうしても資材が減らせないという場合は、無駄に減らすしか方法はありません。

それに関して最も有効なのが「兵士の作成」。

兵士の作成を設定し、キャンセルを繰り返し行うことで、資材を無駄に減らしていくことができるでしょう。

移民に必要な条件③同盟から脱退する

ライキンで移民を行う際の条件には、同盟に加入していないことも含まれます。

移民は「同盟に未所属である」ということが条件として明記されており、移民を行いたい場合は同盟から脱退する必要が。

同盟から脱退すること自体は、同盟のメンバーに話をすることで解決できるでしょう。

ですが、同盟を脱退する前に少し待ってください。

同盟を抜けてしまうと、同盟メンバーへの資源援助ができなくなってしまいます

つまり、資源を倉庫の保有量を超えて所持していた場合、資源を減らす方法が大きく限られてしまうのです。

同盟を抜ける前に資源は同盟メンバーへ送りつけ、必要数まで減らしておくことが大事ですね。

移民に必要な条件④都市や部隊の戦闘状態

ライキンで移民を行う際には、「都市も部隊も戦闘状態に入っていない」ということが条件に含まれます。

マップに部隊を派遣している場合は部隊が戻るまで待つか、部隊を呼び戻して戦闘状態を解除しましょう。

都市が戦闘状態に入ってしまっている場合は、都市での戦闘を終わらせる必要があるのです。

どうしても都市が攻撃されて戦闘が終わらないという場合は、「ピースシールド」の利用も考慮すべきですね。

移民に必要な条件⑤移民先の状態と移民者の状態

ライキンで移民を行う場合は、移民先の状態と移民する側の状態も条件の一つとなります。

ライキンで移民を行う先として選べる条件は二つ。

  • KvK中ではない
  • 王国の状態が「完全開放」であること

以上の状態のものに限られます。

KvK中の王国から出るのは自由なのですが、逆にKvK中の王国に入ることはできないのです。

また、王国建国から120日以上が経過し、既に解放された状態の王国にしか入ることはできません。

建てられたばかりの「建国中」の王国などには入ることができないようです。

更に移民する側の条件もあります。

移民する側は前の移民から30日が経過していない限り移民することはできません

移民を行う場合は、自分が以前にいつ移民したかも考慮する必要があるようです。

パスポートなどの問題を考えると、そう頻繁に移民はできないとは思いますが。

ちなみに、移民を選ぶとイベントで獲得したポイントはリセットされます

移民先と元の王国内ではイベントの発生期間が異なるので、仕方がないことでしょう。

ライキンで移民するタイミングとおすすめのサーバー

ライキンの移民にはメリットもありますが、条件もそれなりに必要。

事前の準備が必要な関係上、タイミングもかなり重要です。

では、ライキンの移民はどのタイミングで、どのサーバーに移るのがいいのでしょうか。

おすすめのタイミングとおすすめのサーバーを紹介します。

移民するタイミング

ライキンで移民を行うおすすめのタイミングは「KvKの終了直後」であると言われています。

ライキンにおいて、KvKは重要なイベントの一つ。

ライキンのメインイベントであるためか、他のプレイヤーの気合も十分であると言えるでしょう。

そんなKvKが楽しめなければ、ライキンを遊ぶことは難しくなります。

それを感じるKvK直後は特に移民が多くなるタイミングです。

合わせて、KvK終了後は多くの王国が移民を受け入れる体制を取ることことが確認されています

移民をしやすく、受け入れられやすいため、KvK直後は移民チャンスであると言えるでしょう。

KvKを楽しめない、活躍が見込めないと思うならば、移民を行う準備を進めていってください。

尚、現在KvKを行っている最中の王国からは抜け出すことができますが、同様の状態の王国には移民することができません

イベント開催期間が近い王国に移民を行う際にはこのタイミングに注意しましょう。

移民するならどのサーバーがおすすめ?

ライキンで移民を行うなら、できるだけ新しく建国された王国を選ぶのがおすすめです。

理由は最初にも書いた通り、状況の打破を狙える可能性が高いからでしょう。

移民を行う大きなメリットは、現状の打破を狙えること。

現在所属している王国では上位を狙えない、KvKを楽しめないからであるから移民を行うのです。

それはつまり、現状所属している王国には強者が闊歩しており、思うように戦えないことが原因ですね。

稼働が進んだ王国ではそれが顕著でしょう。

対して、稼働して日が浅い王国には強者が少なめの傾向があり、自分でも上位を狙える可能性が発生します。

稼働日が進んだ王国よりも、活躍が見込める可能性が高いのです。

特に王国の状態が完全開放になって間もないところなら、移民も少なく狙い目です。

移民を行うならば「完全開放」が行われて日が浅い王国に行きましょう。

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

ライキン移民のタイミングのまとめ

ライキンで移民を行うメリットは、KvKなどに挑む状況打破をはかれることが大きいと思われます。

その他にも、自分が遊びたい環境を作りやすいこと、記念碑の報酬を再度獲得できることもメリットとして数えられます。

パスポートの準備や資源の制限などの条件もありますが、それを補って余りあるメリットが得られることも。

移民するタイミングはKvK直後の、受け入れ体制が整っている時期がおすすめ。

移民するなら完全開放されて日が浅い王国を選ぶのがベターです。

適度な移民を行っていくことは、楽しいライキンライフを楽しむうえで必要不可欠。

適切なタイミングで適切なサーバーへ渡り歩き、楽しい建国を行っていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Rise of Kingdomsに関するこちらの記事も合わせてご覧ください。

▶︎▶︎ライキン初心者に序盤の進め方を解説!移転を使って有利に進めよう

▶︎▶︎ライキンで日本人が多いサーバーを紹介!日本人最強は?

▶︎▶︎ライキンのイベントのスケジュール・報酬・攻略のポイントを紹介!

▶︎▶︎Rise of Kingdomsをプレイした感想!無課金でも楽しめる?

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る

イチオシ記事