薬屋のひとりごと1巻のネタバレ〜月下の幽霊芙蓉妃の正体と目的〜

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)のネタバレを紹介していきます。

1巻では、原作の「後宮編」の内容がコミカライズされています。猫猫が後宮ではじめて任氏と出会い、上級妃の一人、玉葉妃の侍女になって、まわりからちやほや?されるなど和やかなシーンに癒されます。

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)のネタバレ

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)には以下の4話分が収録されています。

  • 第一話「後宮の呪い」
  • 第二話「狂科学者」
  • 第三話「宮中の天女」
  • 第四話「月下の幽霊」

それでは、薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)のネタバレについて紹介します。

1話〜猫猫と任氏の出会い〜

1話のタイトル「後宮の呪い」とは、後宮で、皇帝の世継ぎが、立て続けに謎の死を遂げていることを意味しています。

後宮のすぐ近くにある花街で薬師をやっていた猫猫が、ある日、薬草を取りに出かけた山の中で、人さらいにあいます。売られた先は、帝の妃が住まう後宮でした。

後宮の下女として働くことになった猫猫は、ある事件を通じて任氏と玉葉妃に出会い、半ば強引に上級妃である玉葉妃の侍女となります。

後宮の中でも、上級妃は4人しかいないのに対して、下女はたくさんいます。そのうちの1人過ぎなかった猫猫に、なぜ任氏が目をつけたのかというと・・?

2話〜毒を欲しがる猫猫〜

2話のタイトル「狂科学者」とは、薬屋のひとりごとの主人公、猫猫のことです。

任氏が、猫猫を玉葉妃の侍女にしたがった理由が判っていきます。任氏は、その理由を悟られても猫猫に逃げられぬよう、色目を使うのですが、まったく意図しない意味で受け取られてしまいます。

猫猫に与えられた仕事は、玉葉妃に出される食事の毒味役でした。帝の寵妃ともなれば、食事に毒が盛られることも少なくありません。

普通であれば、毒味役は、もしも本当に食事に毒が盛られていたら、真っ先に犠牲になる仕事です。玉葉妃の侍女たちは、猫猫を同情の目で見るのですが、当の本人は笑みすらこぼしています。

幼い頃から、様々な毒を自らの体を使って試してきたため、一般人なら致死量の毒でも、効かない体になっていたのです。

しかも、ただ効かないだけでなく、進んで毒を食らう狂科学者ぶり・・。

3話〜猫猫の媚薬づくり〜

3話のタイトル「宮中の天女」とは、後宮で猫猫が出会った任氏という宦官のことです。男性でありながら、絶世の美貌を持っています。

猫猫、任氏に媚薬の調合をお願いされます。媚薬なぞ、何に使うのか・・?と、疑問に思うのですが、久しぶりに薬を調合できる嬉しさの方が勝ったようです。

そもそも、媚薬なぞ使わずとも、見た目が半端なくいい任氏なら、それだけで大抵の女を誘惑できるはず・・。

猫猫には、逆効果でしたが・・笑

任氏の目的は別として、猫猫が作った媚薬は、今ではごく当たり前に食べている、“あるお菓子”でした。

4話〜月下の幽霊・芙蓉妃の目的〜

4話のタイトル「月下の幽霊」とは、中級妃である芙蓉妃のことです。

夜な夜な、城壁の上で踊る女の幽霊の噂が、後宮に広まり、真相をさぐるべく動いたのは・・やっぱり猫猫でした。

任氏の付き人の高順と一緒に、実際に城壁の上で踊る幽霊を見るが、その正体は芙蓉妃でした。芙蓉妃には、幼馴染の武官との結婚話が決まっている状況で、夢遊病のような振る舞いをします。

本当の幽霊であれば、猫猫の出る幕はないのですが、夢遊病が原因なら、薬師の知識が役に立ちそうです。しかし、昔、花街で同じように、夢遊病を患った妓女を思い出し、猫猫は全く別の目的を推測します。

▶︎▶︎薬屋のひとりごと1巻を読む

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)は無料で読める?

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)は、漫画アプリの「マンガUP!」をダウンロードするだけで無料で読むことができます。

1話〜26話まで、1日8話ずつ無料で読むことができます。

ダウンロード(無料)はこちらからすぐにできます。

App StoreかGoogle Playを選んでください

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

また、完全無料にはなりませんが、漫画を無料で読む方法で紹介している方法を使えば、たったの数十円で1巻を読むことができます。

まとめ

薬屋のひとりごと1巻(スクエニ版)のネタバレについて紹介しました。

1巻以外のネタバレについては、薬屋のひとりごとのネタバレを参考にしてみてください。

ちなみに、薬屋のひとりごとの漫画は2種類あります。

2つの漫画の違いについて詳しくは、薬屋のひとりごと|漫画の違いを比較〜どっちがおすすめ?〜の記事を参考にしてみてください。

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る