ダーウィンズゲーム・ネタバレ

ポテトポップ

こんにちは!
コミック☆マイスターへようこそ!

この記事では、ダーウィンズゲームのネタバレを含んだ、これまでのストーリーの内容を単行本1巻の内容から順番に、できるだけシンプルに辿っていきます。

作中に登場する「ダーウィンズゲーム」には、大きなイベントがこれまで4回行われています。

ここでは、そのイベントを軸にしてあらすじをお話できればと思います!

もっと詳しく知りたいと思ったところは、詳細記事を参考にしたり、単行本を読んでみてください^^

ダーウィンズゲームのネタバレ

ダーウィンズゲームは、単なるソーシャルゲームなどではない・・。

半強制的に「ダーウィンズゲーム」に参加させられた主人公のカナメは、ゲーム開始とともに与えられた異能(シギル)を駆使し、襲い来る対戦プレイヤーと生死をかけたサバイバルバトルを繰り広げていく!

強力な仲間を得て、徐々に勢力を拡大していくカナメは、やがて「ゲームマスター」の真の目的にたどり着くのだが・・。

果たして、「ダーウィンズゲーム」とこの世界の結末とは・・?

これまでのストーリーをイベントごとに紹介していくよ。

序章〜ダーウィンズゲームの始まり〜

ダーウィンズゲームは、主人公のスドウカナメが友人のキョウダが、謎のマスコット・パンダ君に追われているシーンから始まります。

名前だけでは、いまいちイメージしづらく、恐怖を感じることができませんが、実際に漫画を読むと人によっては、それだけで読むのをためらってしまうほどのシーンです。

パンダくんに追い詰められたキョウダは、携帯の連絡帳から助けになりそうな友人を探し、カナメを選びます。

翌朝、キョウダから謎のゲームへの招待状を受けたったカナメは、ただのソーシャルゲームだと思って、アプリを起動。すると、突然!画面から出てきた蛇に首筋を噛まれて気絶してしまいます。

学校の保健室で目を覚ましたカナメは、午後の授業を早退し、誰も乗っていないガラガラの電車で、恐る恐る、ダーウィンズゲームのアプリをもう一度立ち上げます。すると画面に表示されたのは・・

「ウハハハハ。僕はルーキー狩りのパンダ君。」「死んでも化けて出ないでね。」

ダーウィンズゲーム1巻・パンダ君のセリフ

すると、誰も乗っていなかったはずの電車の車両に、キョウダを襲ったパンダ君が現れます。

パンダ君は、無言でカナメに斬りかかる

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム1巻を読む

▶︎▶︎パンダ君の正体だけさらっと知りたいならこちら

シュカとカナメの出会い

ダーウィンズゲームでは、イベントが始まる前に重要な出会いがあります。それは主人公のカナメとシュカの出会いです。

パンダ君を撃退したカナメは、ダーウィンズゲームから抜ける方法を探すことにします。

その中で、“無敗の女王”と呼ばれる、ダーウィンズゲームのAランクプレイヤーと接触することは、カナメの運命は大きく変えることになります。

その後、恋仲になる二人ですが、最初は死闘を繰り広げています。その様子は1巻の後半から2巻の前半にかけて掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム2巻を読む

第1イベント:宝探しゲーム

カナメとシュカのバトルが、カナメの勝利で終わった直後、ダーウィンズゲームの運営から、特別イベント“宝探しゲーム”の告知が送られてきます。

ダーウィンズゲームを初めて、まだ間もないシュカも、イベントを経験したことがないようです。シュカに会えば、ダーウィンズゲームのことがわかると期待していたカナメでしたが、肝心の“ゲームを抜ける方法”については、情報を得ることができなかったようです。

ダーウィンズゲームはいつから、なんの目的のために、誰が始めたのか・・

カナメは宝探しゲームのイベントに、その答えがあることを期待して挑みます!

宝探しゲームのイベントの内容は、ダーウィンズゲーム2巻の後半から6巻の前半に掲載されています。

▶︎▶︎宝探しゲームの内容をさらっと見る

幕間①有力クランエイスとの最終決戦!

宝探しゲームで、エイスのリーダー・王の怒りを盛大に買ったカナメは、有力クラン・エイスとの全面対決に向けて準備を進めます。

宝探しゲームのイベントで出会った、レイン、リュージ、スイ、ソータ、そして、シュカを加えた6人でサンセットレーベンズを正式に立ち上げます。

カナメがゲームマスターからもらった特権、勝者総取り(ハイローラー)が、レーベンズとエイスの決戦の決着に大きく関わることになります。

レーベンズとエイスの最終決戦の内容は、ダーウィンズゲーム7巻から8巻の前半に掲載されています。

幕間②ランキング1位・劉雪蘭がカナメをさらう!?

エイスとの全面対決に向けて、関東の有力クラン・ダンジョウ拳闘倶楽部を訪れていたカナメの元に、突如!ランキング1位の劉雪蘭が現れる。

大きな力を持ったプレイヤーの協力者を探し求めていた雪蘭は、強制的にカナメに協力を求めます。雪蘭の要求をつっぱねたカナメは、苦もなく雪蘭に拉致され、リュージとレインがいる目の前で連れ去られてしまいます。

カナメが雪蘭に連れ去られたことを知ったシュカは、血相を変えて雪蘭を追いかけます!

レーベンズとランキング1位・劉雪蘭のバトルの内容はダーウィンズゲーム7巻に掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム7巻を読む

第2イベント:ハンティングゲーム

関西の有力クラン・西郷組のリーダーと会合した帰り道で、カナメの携帯に新イベント・ハンティングゲームの告知が届きます。

しかし、よくみると開催時刻は30秒後!・・カナメを乗せて車を走らせていた士明は、とっさに車を停めて、トランクからサバイバルキットを引っ張り出し、カナメに渡します。そして、

「狩りで重要なのは、戦闘力ではございません。重要なのは観察力。五感を研ぎ澄ますのです。」

ダーウィンズゲーム9巻・士明のセリフ

と助言をして、カナメをハンティングゲームに見送ります。

前回の宝探しイベントと同じように、強制的に転送されたカナメは、見知らぬ島の密林の中にいました。

ハンティングゲームの内容は、ダーウィンズゲーム9巻の前半から13巻の前半に掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム9巻を読む

▶︎▶︎ハンティングゲームの内容をさらっと見る

幕間①最恐進化同好会

学校に休学届けを出すために、久しぶりに登校したカナメとシュカでしたが、学校の雰囲気が以前と明らかに変わっていることに気づきます。

カナメがダーウィンズゲームを始めたころから、急激に荒れ始め、今では最恐進化同好会という謎の同好会が、幅を効かせていると知り、カナメは潜入捜査をすることに。

捜査を続けて、たどり着いた黒幕はカナメの知る意外な人物でした!

最恐進化同好会の内容は、ダーウィンズゲーム13巻の後半から14巻の前半に掲載されています。

幕間②圏外村でのサバイバル

ハンティングゲームで知り合ったリクとモクレンと、彼らが住む村の住民数百人が安全に住める場所として、圏外村が候補に上がります。

圏外村とは、その名の通り、電波が一切届かない地域にある村です。圏外村には、他にもダーウィンズゲームの犠牲者や、その家族が身を隠すために暮らしているようです。

タゴナカ刑事の案内を受けて、圏外村の視察に向かった、リュージ、レイン、スイ、ソータ、おーじ、そしてリクは、電波が届かず外部との連絡が一切とれない村で、まさかの事態に巻き込まれることになります。

そして、ダーウィンズゲームの謎を内側から探るレインは、圏外村である事実を確信します。

圏外村での事件は、ダーウィンズゲーム14巻の後半から15巻の前半に掲載されています。

第3イベント:海賊王との決闘ゲーム

モクレンの予知夢と、トリニティのテミスの特権を元に、次のイベントのリーク情報を手に入れたカナメたちは、準備を始めます。

ハンティングゲームと違って、今回はしっかりと準備期間があります。「これからが本当のダーウィンズゲームさ!」と息巻くゲームマスターにとって、次のイベントはとても重要なのです。

海賊王との決闘ゲームが、これまでのイベントと決定的に違うのは、カナメたちの対戦相手が、別世界のプレイヤーたちであることです。

荒神力と呼ばれる能力を駆使する別世界のプレイヤーの戦闘能力は、カナメたちをゆうに上回っていました・・!

海賊王との決闘ゲームの内容は、ダーウィンズゲーム16巻の後半から18巻に掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム16巻を読む

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム|シュカが死亡!?カナメとのベッドシーンが原因?

幕間①世界線Oの皇(すめらぎ)

コウウ将軍がいた世界線Oへやってきたカナメたち、ダーウィンズゲームのプレイヤーは敗者とは思えない好待遇を受けていた。

全てはカナメが持ち出した駆け引きの効果によるものなのだが、実際のところ、コウウ将軍たちは過去の雪辱を果たせればよかっただけなのかもしれない。

世界線Oでの生活に徐々に慣れ始めた頃、カナメとシュカはある少女の家出騒ぎに巻き込まれてしまう。

実は、この家出少女こそが、世界線Oのゲームマスター、ククリなのであった・・。

世界線Oでは、ダーウィンズゲームは存在せず、一部のプレイヤーはこのまま世界線Oで生きて行くことを決意。

カナメたちレーベンズは、元の世界に残してきた仲間も、やり残したこともあるため、世界線Nへ帰還することを決意するのだが・・。

世界線Oにおけるカナメたちの様子は、ダーウィンズゲーム19巻〜20巻に掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム19巻を読む

最終イベント:人狼ゲーム

元の世界線Nに帰還したカナメは、グリードたちによって壊滅状態に追い込まれた自分たちの世界を目の当たりにする。

渋谷にあったレーベンズのアジトは半壊状態で仲間たちの生存も危ぶまれたが、すがるように開いたダーウィンズゲームの通信機能により、レインやリュージたちの無事を確認する。

途中、グリードたちの襲撃を受けながらも、なんとか合流地点に指定された昔住んでいたアパートにたどり着く。

そこで仲間たちと再会を果たしたカナメだが、リュージの口から告げられた事実は、あまりにも衝撃的な内容だった・・。

お互いの情報交換を経て、ようやく現在の世界線Nがおかれている状況を把握し、世界線Oで経験した出来事についてもレインたちと共有する。

そして、リーダーが帰還したレーベンズの元に舞い込んできたのは、ゲームマスターの側近の一人、オボロ。

彼は、ゲームマスターからの伝言を頼まれていやってきたのだった。

その内容は、「最終イベント:人狼ゲーム」に関するものだった・・!

世界線Nに帰還してから、最終イベントの告知まではダーウィンズゲームの21巻〜掲載されています。

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム21巻を読む

ダーウィンズゲームの最新話のネタバレは、こちら↓の記事です!

▶︎▶︎ダーウィンズゲーム#game91(最新話)のネタバレ〜グリードDの狙いが明らかに!〜

ダーウィンズゲームを未読の方も、もう一度読み返してみたい方も、漫画アプリの「マンガBANG!」をダウンロード(無料)するだけで、1巻から10巻までを無料で読むことができます!

今は10巻までしか無料配信されていませんが、これからさらに新しい単行本が発売されるたびに1巻ずつ増えていく見込みです!

マンガBANG!

マンガBANG!

無料posted withアプリーチ

ダウンロードは、他のスマホアプリと同じようにAppStoreかGoogle Playからできます。

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る

イチオシ記事