ヒマチの嬢王をレビュー

今回は、「ヒマチの嬢王」をレビューしたいと思います。

キャバクラの話って聞くと、つい敬遠してしまうかもしれませんが、この作品は一味違います。

基本、コメディなので、安心して読むことができます。

また、元・歌舞伎町No1がシャッター街を蘇らせるという、ポジティブなテーマが軸にあるので、もしもドラマや映画になったとしても、十分見応えのある作品です。

ヒマチの嬢王のレビュー

どんな漫画?見どころは?

ヒマチの嬢王がどんな漫画なのかを、一文で説明するならば、

鳥取県の歓楽街・ヒマチを舞台に、歌舞伎町の元・No1キャバ嬢が無双する話。

ドラクエで例えるなら、魔王を倒して世界の平和を取り戻した最強勇者が、転生して、能力や知識は前世のまま、小さな村から再び冒険に出るようなものです。

そりゃもう、スライムくらいなら、ボロいナイフでも一撃です。

あ、でも、かの有名な転生した最強スライムは別ですよ?笑

ヒマチの嬢王では、

キャスト(=キャバ嬢)としても、経営者としても、知識と能力をもっている、一条アヤネが、困難に立ち向かい、どうやって目標を成し遂げるのか?

という点が大きな見どころです。

キャバクラやホストが、物語の中心に据えられていると、「ドロドロした昼ドラ」をイメージするかと思いますが、全くそんなことはないです。

むしろ、田舎町のシャッター街を活性化させていくという、ポジティブな世界観です。

基本的にはコメディで、笑わそうとするシーンは、普通に面白くて、締めるところは、しっかり締める。

主人公や、脇をかためる登場人物にも、好感が持てるので、安心して読み進められる漫画です。

主人公の一条アヤネ

一条アヤネは、竹を割ったような性格で、口は悪いんですが、好感が持てます。

そして、めちゃくちゃ、カッコいいんです。

私が、最初に「この人、カッコいい!」って、思ったシーンは、

街で若者に「超キレイっすねー」と、ありふれた言葉でナンパされた時、アヤネが返した言葉。

「・・・悪いけど聞き飽きてるわ。もっと面白い口説き文句を用意して出直してちょうだい。」

街で、ナンパした女の子に、こんな返しされたら、一発で惚れるか、「何を!こんチキショウ!・・今に見てろ」って、一瞬で虜になると思います。

“歌舞伎町、元・No1”っていう肩書きがあるから納得できるし、逆に、その凄さを際立たせるシーンです。

あらすじ

豪華絢爛。

右手に高級シャンパン。

左手に諭吉。

目の前のテーブルの上には、高級なお酒が、ずらーっと並んでいて、その真ん中で、誕生日の記念撮影をする一条アヤネ。

それが、なぜか次のコマでは、

右手にテレビのリモコン。

左手には、缶チューハイ。

鳥取県、米子市にある実家で、こたつに入ってワイドショーの不倫報道を見ているのが、一条アヤネだと理解するのに、数秒の時間を要しました。

見た目も、美人とは程遠く、完全に田舎のただのおっさんです。

突然、実家に帰ってきてから、連日、家でぐーたら過ごす娘を見かねた母親は、「明日までに働いとらんかったら、雪ん中に放り込むけな。」と、宣告します。

実家でも、「住むなら生活費として月5万は入れろ」と言われたアヤネは、仕方なく、母親が経営するスナックで働くことになります。

そもそも、アヤネは、キャバクラの仕事に疲れて、実家に戻ってきていたのですが、背に腹は変えられなかったみたいです。

この真冬に、雪の中に放り込まれては確実に死ぬ。

とりあえず、生きねば・・笑。

アヤネは、母親を見返すためにも、本気を出して働くことを決意。

すると、元・歌舞伎町No1の肩書きは伊達じゃなく、あっという間に、太客を捕まえてお店に出勤します。

そして、たった数時間で、お店の売り上げ3ヶ月分を叩き出します。

ヒマチの嬢王の物語は、東京で大成長した娘が、田舎に凱旋して、母親が経営するスナックを盛り返す・・・!

という、単純なものではなく笑。

この日、偶然再会した、ある男が開いた新しい店を、日本一の店にすることになるのです。

ヒマチの嬢王のストーリーは“人の生き方そのもの”

人生はよくドラマや映画に例えられますよね。

ヒマチの嬢王のストーリーは、登場人物一人一人のドラマを、ぎゅっと濃縮して描かれています。

主人公は一条アヤネですが、数話単位でみれば、別の主人公がいます。その人物を中心に、アヤネや、レギュラーメンバーがどう接していくかが見どころです。

だいたいは、

「コイツ、実際におったら絶対近づかんわ。」

みたいに、第一印象最悪で登場してきます。

でも、物語が進むにつれて、その人物が変わっていって、いつのまにか魅力的な人物になっているんです笑。

作品情報

裏少年サンデーで2018年11月に連載開始

作者:茅原クレセ

▶︎▶︎ヒマチの嬢王の最新刊|最新話が読めるアプリは?

ドラマ化や映画化は?

現在のところ、ヒマチの嬢王に、ドラマ化や映画化の話はないようです。

しかし、物語のテーマや、登場人物の魅力からして、十分可能性のある作品です。

個人的には、ドラマにするなら、コメディ要素を強めて、基本1話完結のオリジナルの物語。

映画にするなら、原作の軸となるストーリーを抜粋して、ぎゅっと凝縮するのがいいかなーって思います。

主演は、ぱっと思い浮かんだのは、小池栄子さん。

No1キャバ嬢としての貫禄も十分出せるし、コミカルな演技もバッチリです。

まとめ

タイトルにもある「ヒマチ」とは、鳥取県の米子市にある朝日町という実在する歓楽街の通称です。

朝日町では、すでに“ヒマチの嬢王”とコラボした町の活性化が進められているみたいですよ。

ヒマチの嬢王は、このまま連載が続けば、他のメディアでも取り上げられるはずです。

読んで損はしないので、自信を持ってオススメできる作品です。

Twitterで話題の漫画の最新情報を受け取る